パークアンドライドとは

LRT(近代的路面電車)で有名な言葉になりましが、自宅から自家用車で最寄りの駅、バス停あるいは電停まで行き、車を駐車させた後、バスや電車、LRT等の公共交通機関を利用して都心部の目的地に向かうシステムです。
アメリカやヨーロッパのLRTで普及したシステムで、このことで都心部の交通環境の悪化を防いでいるほか交通量自体が減少するため、渋滞の緩和だけではなく、排気ガスによる大気汚染の軽減、二酸化炭素排出量の削減といった効果も期待されている。

パークアンドライドの意義

都市部の交通渋滞の緩和が第一義ですが、そのほかにも商店が大型化して公害に出店するようになり、都市部の空洞化を解決するために用いられることがあります。
LRTの導入により、都市部の活性化を図る目的で人の流れを公害から都市部へ移行させようとの意思が働いています。
都市部への車の乗り入れを禁止し、LRTと歩行者の街に作り変え住みよい便利な都市部の構築に役立っています。

パークアンドライドの問題点

バス、電車等、自動車以外の公共交通機関が十分発達している都心部では有効ですが、バス、電車の本数が少ない、あるいは自動車が生活必需品となっている地方においては効果は乏しい。 しかし、これも政策しだいで公共交通機関のない地方を活性化させることもできます。郊外に散ってしまう地方のユーザーをパークアンドライドの普及によって空洞化した都市部へ新たに呼び込む方策でもあります。

スポンサードリンク